「生物と無生物のあいだ」読了

「生物と無生物のあいだ 」読了。
普通に科学読み物として楽しく読んだ。むかーしむかし、そのテの研究室にいたことがあったのでなつかしさも感じたが、既存の生命感に一石を投じるような斬新な理論は見当たらなかったように思う。
読み方が悪いのかも知れない。

アーカイブ

Link