「色男の研究」読了

「色男の研究」読了。
学術書の体裁ではあるが、議論は拡散するばかりで今ひとつ結論が読み取れない。無理に要約するなら、近世に成立した「色男」というあり方・技術は明治以降に流入・発展した「恋愛」という概念によって失われたが、恋愛至上主義はともすればコミュニケーション不全を引き起こし云々、といったところか。

アーカイブ

Link