「忘却の船に流れは光」読了

「忘却の船に流れは光」読了。
作者のファーストネームを間違えたのかと思うほどの重厚なストーリーが展開される。しかし、それもいつもの地口落ちへの壮大な前フリに過ぎないのだ。
うん、やっぱりこの作者はこうでないと。

アーカイブ

Link