「鈴木先生 (2)」読了

「鈴木先生 (2)」読了。
日常の物事ひとつひとつにこんなに神経使ってたら疲れちゃうでしょ普通。こんな人いるわけない、いないいない。と思いながらいつの間にか主人公に共感してしまうこの不思議。

アーカイブ

Link