「博士の愛した数式」読了

「博士の愛した数式」読了。
数学という題材を扱いながら、「こたえを出すばかりが能ではない」という作者の主張がこれほどつたわってくる作品もないだろう。ほどほどの歯ごたえでよみやすくまとまった佳品。

アーカイブ

Link