「内側から見た富士通「成果主義」の崩壊」読了

「内側から見た富士通「成果主義」の崩壊」読了。
論調は若干ヒステリックなのは気になるが、自社の状況との共通点の多さに慄然とするのに十分な一冊。
気になると言えば、本文のそこかしこに差し挟まれている用語termの英訳も気になる。語彙vocabularyが増える効果もなしとはしないが、あまりに衒学的pedanticではないだろうか。

アーカイブ

Link