「タナトスの子供たち―過剰適応の生態学」読了

「タナトスの子供たち―過剰適応の生態学」読了。 いわゆる「ヤマなしオチなし意味なし」に関して、ジャンルの創始者(知らなかったなあ)である栗本薫(と同一人物である中島梓)が論じている。 題材となっているジャンルに馴染みはないのだが、そのような部外者にとっても示唆にとんだ内容。 若干くどい嫌いはある、かな。

アーカイブ

Link