「ドクター・ブラッドマネー―博士の血の贖い―」読了

「ドクター・ブラッドマネー―博士の血の贖い―」読了。 妄執が真実で、真実だと思われていたことがいたことが誤り、というのはディック得意のパターン。 良い意味で、まともな人が書いているとは思えない作品。

アーカイブ

Link