「天帝妖狐」読了

「天帝妖狐」読了。 最後まで読んだあと、読み返して、そうか、あれはこういうことだったのか、と確認してみたくなる。 作品の短さは相変わらずだが、通勤途中に読むにはちょうどいい、とも言える。

アーカイブ

Link