アリかナシか(「妖櫻忌」読了)

| コメント(0) | トラックバック(1)

「妖櫻忌」読了。
超常現象を扱う小説では、その超常現象がアリ(本物の超常現象、という言い方も変だが)なのかナシなのかによってこちらの身構えが違ってくるように思う。ミステリーであればナシ、SF/ホラー/ファンタジーはアリ、というのが普通だが、この作品は読者のそうした構えを知り尽くした上で見事に崩してくれる。

アーカイブ

Link