最初にはっきり言っておくが、負け惜しみではない。(「順列都市(上)」読了)

「順列都市(上)」読了。
でもこれ、新刊で一度読んでるなあ。
そのときはそれほど感心しなかった(少なくとも「作者買い」の対象にはしていなかった)が、「幸せの理由」「祈りの海」「宇宙消失」と読んでくると、一貫したテーマ性が感じられて、また別の感慨がある。

……繰り返すが、負け惜しみではない。
ちなみにこの「順列都市」、上巻は現時点でAmazonで入手付加となっている(私も上巻だけ旭屋書店で買いました)。

アーカイブ

Link