大雪と季節風に関する全般気象情報

気象庁から出ている大雪と季節風に関する全般気象情報によると、

(見出し)
 23日夜にかけて、北陸、東北の日本海側の地方では平地でも大雪となる
おそれがあります。
(本文)
 冬型の気圧配置が強まり、北日本の上空5000メートルには、22日夜
、氷点下40度以下の強い寒気が流入する見込みです。
(略)
 23日夜までに予想される降雪量は、いずれも多い所で
 北陸、東北の日本海側の平地で、30~70センチ、山地で、60~100センチ、
 近畿、中国、九州北部地方の山地で、20~40センチ、
…さて、明日の大阪出張、新幹線は無事に動くでしょうか。

アーカイブ

Link