「イカロスの誕生日」読了

| コメント(0) | トラックバック(0)

「イカロスの誕生日」読了。
「What if(もしも)」が現実になった世界を表現するために、その世界であれば当たり前であろう用語を会話にちりばめる、というのはおそらく、SFの普遍的な手法なのだろう。
「トリムずれ直してから文句垂れなさいよこの潰れバレルロール打ち!」
……堪能しました。

アーカイブ

Link