2017年3月アーカイブ


「弥勒」読了

| トラックバック(0)

「弥勒」読了。
障害児のきょうだいは、自身もまた独特の生きづらさを抱えるものらしい。が、ここまでこじらせるのも、しかもそれが作品に昇華するのも珍しいのではないか。
作者が亡くなってもうすぐ8年。この作品が書かれたのは作者が25〜6歳、新進の評論家、作家として大活躍を始めた頃とかぶる。そう考えると(巻末の解説にもあるが)外向きの活動と家族への複雑な思いがどのような形で折り合っていたのか、非常に興味深い。

「自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書」読了。
Twitterで話題になった一連のツイートから生まれた本。上司1年生に限らず、上司にも限らず、仕事する人すべてにどこかしら役立つと思う。
来歴によるものなのか、大きな流れは掴みにくい本なので、前半を読んで(あるいはtogetterで著者のツイートまとめを読んで)基本的な考え方を理解したらあとは拾い読みでもいいかも。


Kindle版はこちら。


アーカイブ

Books