「クマのプーさんエチケット・ブック (ちくま文庫)」読了

| トラックバック(0)

「クマのプーさんエチケット・ブック (ちくま文庫)」読了。
46歳にもなって母親から3か月遅れの誕生日祝いとしてエチケットブックを贈られるというのもどうかと思う。ましてそのエチケットブックがクマのプーさんとその仲間たちから学ぶというコンセプトのものであればなおさら。
だが、石井桃子訳の独特の訳文とE.H.シェパードの挿絵はやっぱり良い。