2014年の読書を振り返る

| トラックバック(0)

私にとっての #2014年の本ベスト約10冊 は以下のとおり。
「ソロモンの偽証」
「混沌ホテル・空襲警報」
「ペテロの葬列」
「紙つなげ!」
「黄昏の岸 暁の天」
「火星の人」
「外交特例」
「聖なる怠け者の冒険」
「鹿の王」
「手を動かしながら学ぶ ビジネスに活かすデータマイニング」
ベスト10に伊坂幸太郎が結果的に1冊も入らなかったのが意外と言えば意外。
数字から振り返ってみよう。
2014年に読んだ101冊のうち、電子書籍が約4分の3、76冊を占めた。
ジャンルで集計すると、小説55、漫画33、統計・データサイエンス関連10、その他ノンフィクションなどが3冊。
小説を作者別に集計すると、伊坂幸太郎と宮部みゆきの各9冊、京極夏彦の8冊が群を抜く。
まとめ読みした漫画は「パトレイバー」「蟲師」。いずれも名作。

さて2015年。今年も年間100冊に加え、統計・データサイエンス関連10冊を目標に読んでいこうと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://manabu.s176.coreserver.jp/mt5/mt-tb.cgi/3619


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略 他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

221224112