「壊れかた指南 (文春文庫)」読了

| トラックバック(0)

「壊れかた指南 (文春文庫)」読了。
筒井康隆の久々の短編ということでゴールデンウィークの楽しみに購入。読みやすくて、ちょっと毒があって、時としてスラップスティックに走りながらもちゃんとSF、という意味合いで「一時期の筒井康隆のような」という形容を使うことが多いわりに、このブログで筒井康隆作品を取り上げるのは初めて。つまり、この約10年間、筒井康隆の本を読んでいないということになる。星新一や小松左京だって(一時期あんなに読んでいたのに)ブログには書いていないのだから同じといえば同じなのだが、やはり何か寂しい。
で、この本だが、これもこれで寂しい。物語の中で事態がいよいよ収拾つかなくなって「次はどうなる?」とページを繰るとそこで終わっていたりするのだ。若い頃であれば洒落でやっていると思えることも、いまや単なる衰えのようにしか受け取れない。寂しい限り。