「赤い指 (講談社文庫)」読了

| トラックバック(0)

「赤い指 (講談社文庫)」読了。
これまでのがちがちの本格推理路線から若干「人情話」っぽい方向に舵をきっている。
「親を何だと思ってるんだ――」。登場する数組の親子それぞれについて、そして読者である自分自身にもその問いかけが繰り返されているように感じなくもなかった。