「ブルー・シャンペン」読了

| トラックバック(0)

「ブルー・シャンペン」読了。
ジョン・ヴァーリイによる短篇集。これ1冊でヒューゴー・ネビュラ・ローカスそして日本の星雲賞を合わせて8つか9つ取っている。そういう先入観なしでも、70~80年代SFの傑作であることは読めば分かると思う。
特に「」は、PCがまだ8ビットだったころのコンピューターの怖さを存分に味わえる。