「世界の終わりの壁際で (ハヤカワ文庫JA)」読了

| トラックバック(0)

「世界の終わりの壁際で (ハヤカワ文庫JA)」読了。
今年の100冊目は優秀賞受賞作。コンテスト応募作らしく、盛りだくさんな作品。特に後半の、文字通り怒涛の展開(<ややネタバレ)は、風呂敷をたたむスピードが広げるスピードに追い付いていない感じがして最高。