「悲嘆の門(上)」読了

| トラックバック(0)

「悲嘆の門(上)」読了。
よくもまあこんな面白い本を8ヶ月も積んでおけたものだと自分で呆れている。それだけ紙書籍、しかもハードカバーの本を持ち歩いて読むことの心理的なハードルが上がっているということなのだろう。


それにしてもこの本、内容は素晴らしいのに帯の惹句がひどい。帯を見て本を選ぶ人にはこの位でいい、という判断でもあるのだろうか。ミスリードすればいいってものでもないだろうに。