「陰陽師―酔月ノ巻」読了

| トラックバック(0)

「陰陽師―酔月ノ巻」読了。
最後に収められている「夜叉婆あ」は、今昔物語の説話「猟師の母、鬼となりて子を食はむとせし語」を下敷きにしている。この説話、川本喜八郎が人形アニメ「鬼」で、白戸三平が短編漫画で、それぞれ題材として取り上げているものだが、本作では独自の展開をしている。