「天冥の標VIII ジャイアント・アーク PART2 (ハヤカワ文庫JA)」読了

| トラックバック(0)

「天冥の標VIII ジャイアント・アーク PART2 (ハヤカワ文庫JA)」読了。
都庁前を出た都営大江戸線が練馬光が丘を目指すように、前巻でその環を閉じた物語は続いていく。
広がりに広がった大風呂敷がきちーんと畳み込まれていく快感と、さらに広がっていく恍惚とが同時に味わえる。