「宮部みゆきの江戸怪談散歩 (新人物文庫)」読了

| トラックバック(0)

「宮部みゆきの江戸怪談散歩 (新人物文庫)」読了。
宮部みゆきの時代物作品の舞台となる下町の「観光案内」や北村薫との対談、自作2編と他の作者によるもの2編の短編「怪談」と盛りだくさんな1冊。残念ながら宮部みゆき作品は2編とも再読だったが、他2編は初読で、大変面白く読めた。そして対談ではあれが面白いこれも面白いといろいろな本が挙がり、いくつかについてはつい購入してしまった。
電子書籍の衝動買い・大人買いの危険度は高すぎる。もう少し自重せねば。
もうひとつ電子書籍についていっておくと、この本のような図版入りの本は、図版の入った見開きを1枚の「絵」としてデータ化しているのだがこれがiPhoneだと非常に読みにくい。インラインで写真や図を表示できるようにするのがそんなに難しいとは思えないのだが……。