2013年8月アーカイブ

「君に届け 15 (マーガレットコミックス)」読了。
主人公カップルそっちのけで主人公友人たちのあれやこれやが。大丈夫。まだついていけている。


Kindle版はこちら。

「君に届け 14 (マーガレットコミックス)」読了。
“やっぱ青春は恥ずかしいんですよね”って、描いてる側がいうなよー。読んでるほうがよっぽど恥ずかしいんだから<じゃあ読むなよ。


Kindle版はこちら。

「王狼たちの戦旗〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌2)」読了。
このシリーズが優れている(たとえばいわゆるバトルもの漫画などと違う)のは、最終的に立ちはだかるであろう強力な敵がすでに準備されていることではないかと思う。独立して動いている複数の物語がやがて収斂していくのが楽しみ。


Kindle版はこちら。

「王狼たちの戦旗〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌2)」読了。
国盗り合戦的な展開に。城同士の位置関係とそれぞれの城に誰がいるかを把握しているのが大変。


Kindle版はこちら。

「君に届け 13 (マーガレットコミックス)」読了。
修旅ってなんだよ修旅って。就職活動を就活って略し始めたあたりからもうついていけてないけど、この略語はひどいな。(しゅうかつ、と入力すると就活という変換結果が候補に挙がるiPhoneも腹立たしい)


Kindle版はこちら。

「君に届け 12 (マーガレットコミックス)」読了。
高校生が交際相手を家族に引き合わせるのは、リスクが高い行動なのではないだろうか。いや、イマドキの若い方は皆様そうなさっているのかもしれませんが。そして、こういう作品に「親子」が登場するともう完全に親側に感情移入してしまうのは、歳のせいなのでしょう。


Kindle版はこちら。

「七王国の玉座〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌1)」読了。
「天命の標」ばりにこちらも驚くような大物登場人物が続々と、惜しげもなく、消えていく。ああ、せっかく憶えたのに。


Kindle版はこちら。

「七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)」読了。
ずっと気になっていながらも手が出ていなかったシリーズの第1巻。大勢の登場人物に、最初ちょっと戸惑ったが、一人ずつ焦点を当てて紹介しつつ物語が進んでくれるのですぐ馴染むことができた。


Kindle版はこちら。

「SOSの猿 (中公文庫)」読了。
これはまた打って変わって伊坂幸太郎らしい凝った構成の作品。「西遊記」「悪魔祓い」「システムの品質管理」という三題噺をアラビアンナイト風に書いておいてソート順をわざと間違えた感じ、といえば分かりやすいだろう。<分かりやすくないって。


Kindle版はこちら。

「会社を変える分析の力 (講談社現代新書)」読了。
データ分析だけでなく、それを通じてビジネスを以下に変えていくかについて、分かりやすく書かれた本。データ分析を実際にやっている人が読んで色々考え込むのも良いが、分析者を使う立場(上司やクライアント)もぜひ読んでみて欲しい。

「あるキング (徳間文庫)」読了。
伊坂幸太郎らしからぬ、普通の構成。だが、普通に面白い。


アーカイブ

Books

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫) 闇のパープル・アイ (1) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 希望荘 ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 自分の「うつ」を治した精神科医の方法 (KAWADE夢新書) 大事なことに集中する―――気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法 取締役の法律知識 (日経文庫) 三鬼 三島屋変調百物語四之続 現場ですぐ使える時系列データ分析 ~データサイエンティストのための基礎知識~ ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版] (知らないと困るWebの新ルール)

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

139444626