「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」読了

| トラックバック(0)

「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」読了。
これも映画化されたのを先に観ている。おかげさまで主要な登場人物は見事に映画のキャストで思い浮かんだ。
一方、映画・映像という形式の限界もあって、細かいディテールは結構(丹念に読まなくても気づくくらい)省略されている。結果として映画は原作の怖さや緊迫感をよく伝えていたものの、ラストはちょっとあっけない感じになってしまっていた。その点、原作のほうが満足度は高いように感じた。