「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」読了

| トラックバック(0)

「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」読了。
帯の惹句にいわく「『太陽の塔』の森見登美彦が帰ってきた」。たしかに、これは「ペンギン・ハイウェイ」の森見登美彦ではない。どっちもいいが、この作品は他の作者にはちょっとかけないだろう。華麗なトランジション描写(!?)で魅せる「蝸牛の角」が特に良かった。