「空飛ぶ広報室」読了

| トラックバック(0)

「空飛ぶ広報室」読了。
「フリーター、家を買う」「図書館戦争」「阪急電車」「県庁おもてなし課」そして本作と、このところ有川浩作品の映像化が相次いでいる。例えば東野圭吾も映像化されることは多いが映像化されやすい理由は若干異なるように感じる。「どうとでもとれる」と「どうとでも変えられる」の違いとでもいうのだろうか。本作も先日ドラマ化されたが、比較しながら読むと変更点がちらほらあってなかなか興味深い。