「夢中になる!江戸の数学 (集英社文庫 さ)」読了

| トラックバック(0)

「夢中になる!江戸の数学 (集英社文庫 さ)」読了。
江戸時代に日本独自の発達を遂げた「和算」についての本。「天地明察」を読んだりしてこのところ和算づいている息子へのプレゼント、をちょいと拝借。
豊富な実例と共に、和算の独自性や先進性が紹介されていて、日本人でいる事を自慢したくなる。独自の文化を花開かせることができるのなら、鎖国というのもそう悪いものではないのではないか、とまで思ってしまう。
巻末の問題集は、中学生の息抜きに最適。