「三匹のおっさん (文春文庫)」読了

| トラックバック(0)

「三匹のおっさん (文春文庫)」読了。
日本社会の高齢化が進み、定年延長といった制度見直しの議論も身近になっている中、「還暦ぐらいでジジイの箱に蹴りこまれてたまるか」という主張は心強い。そして明日は我が身。あと20年もせずにやってくる還暦を、私はどんなふうに迎えるのだろうかそれとも迎えられないのだろうか。