「ミラー衛星衝突 下 (創元SF文庫)」読了

| トラックバック(0)

「ミラー衛星衝突 下 (創元SF文庫)」読了。
本作における主人公マイルズの任務、大半は事故の原因調査と横領の証拠固めである。もちろん血わき肉おどる展開にも事欠かないのだが、地味といえば恐ろしく地味。それでも読ませてしまう作者ビジョルドの腕がすごい、ということかと。
ちなみに本作、原題は舞台となる星系から「コマール(KOMARR)」。それがなぜまた「ミラー衛星衝突」などという無粋な邦題になったかは不明。まあわかりやすいといえばわかりやすいが。