「遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)」読了

| トラックバック(0)

「遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)」読了。
日本人数学者である作者、藤原正彦が、ケンブリッジでの生活・同僚や隣人についてつづったエッセイ。
数学者というと奇人変人という偏ったイメージを持ってしまいがちだが、そうした素人の期待にたがわず、変わりものの同僚の話題には事欠かない様子。また、子供のいじめや学内の政治などについても明晰な文章で表現されている。