「怪笑小説 (集英社文庫)」読了

| トラックバック(0)

「怪笑小説 (集英社文庫)」読了。
すごい既視感、というか既読感。おそらくこのブログをはじめた2003年よりも以前に読んだものと思われる。まあいいか。

さて、この本。「ガリレオ」シリーズや「加賀恭一郎シリーズ」の東野圭吾を期待していると大いに裏切られる短編集。ドタバタの笑いの中にほんのりと恐怖や哀しみが見え隠れして、肩のこらない感じはちょっと筒井康隆を思わせる風味。