「のぼうの城 上 (小学館文庫)」読了

| トラックバック(0)

「のぼうの城 上 (小学館文庫)」読了。
昔熱中していた「信長の野望」で北条家家臣として登場していた成田家の武将はとにかく「使えない」というイメージだった。そんな家臣を操って豊臣軍の猛攻を跳ね除けるところに妙味はあったわけだが。
さて、この本。ベストセラーになった時代小説ということで、もっと堅苦しい内容を予想していたのだが、その予想は大きく外れた。まるでシミュレーションゲームのノベライズかと思わせるような息もつかせぬ展開で飽きさせない。