「天冥の標 3 アウレーリア一統 (ハヤカワ文庫 JA)」読了

| トラックバック(0)

「天冥の標 3 アウレーリア一統 (ハヤカワ文庫 JA)」読了。
小川一水の最高傑作(になるのではないかと楽しみにしている)シリーズ、第3巻。
1巻2巻で容赦なく放置されていた謎に少しずつ手がかりを与えるというのは、明らかに作者が確信犯としてやっている感じで楽しい。また、各巻の登場人物同士になんとなく類型が見え隠れするのもいい。これは小川一水版「豊饒の海」なのではないか。