「世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)」読了

| トラックバック(0)

「世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)」読了。
いわゆる人種差別ジョークの中で、日本人の登場するものはそれなりの数があるが、オチの主眼が日本人におかれているものは案外少ない。本書で紹介されているのも、日本人は登場するもののオチの前に出てくる脇役扱い(起承転結の承)が多い。
とは言え、そうした扱いも、日本人に対する固定観念と共に変化しているという指摘は興味深い。また、準新作とでもいうべき、定番ジョークのあらたなバリエーションも楽しめる。