「地球保護区 (ハヤカワ文庫JA)」読了

| トラックバック(0)

「地球保護区 (ハヤカワ文庫JA)」読了。
久しぶりに本屋で手に取った本。手に取った理由は、作者と同姓同名の知人がいる、という実にしょうもないものだったが、期待以上に面白かった。
落ちこぼれてしまった人、若くして人生のピークが過ぎてしまった人の複雑な心境がよく表現されているようにおもう(←偉そう)。