「特別料理 改訂版 (異色作家短篇集 2)」読了

| トラックバック(0)

「特別料理 改訂版 (異色作家短篇集 2)」読了。
大昔に、親の本棚に並んでいるのを読んで以来の再読。
文章のところどころに古臭い表現がちりばめられているのはご愛嬌。そうしたものを超えて表題作はいまだにぞくっとさせられる。