「風の邦、星の渚―レーズスフェント興亡記」読了

| トラックバック(0)

「風の邦、星の渚―レーズスフェント興亡記」読了。
“現場SF”の名手(と私が勝手に名づけた)小川一水の新作。ただこの作品、「現場感」と「ご都合主義」が若干ご都合主義によりすぎている感がある。面白いんだけどね。