「きまぐれ学問所」読了

| トラックバック(0)

「きまぐれ学問所」読了。
遠い昔に読んだのを再読。前回読んだときも感じたが、やはりなんというか文章の衰えが感じられてさびしかった。軽い味わいの作品を生み出すための血のにじむような作業に思いをはせてみる。