「チーム・バチスタの栄光(下)」読了

| トラックバック(0)

「チーム・バチスタの栄光(下)」読了。
この本、Ai(オートプシー・イメージング)のPRのために書かれたらしい。良くも悪くも、あまりそれを感じさせない作品に仕上がっている。
が、4月23日付日経朝刊には「オートプシー・イメージング実施経験のある病院が3割を超えた」という趣旨の記事が掲載されている。やはりこれだけ売れ(映画化・ドラマ化もされ)るとPR効果というのは出てくるものなのだ、と妙なところに関心。