「フェッセンデンの宇宙 (奇想コレクション)」読了

| トラックバック(0)

「フェッセンデンの宇宙 (奇想コレクション)」読了。
エドモンド・ハミルトンによる古典SF。
後にさまざまなバリエーションSFを生んださまざまな主題を提示している。特に、表題作で示されている「極微世界に生まれる文明・入れ子構造の世界」というテーマは、作者自身が「太陽系七つの秘宝」(なつかしい!)で取り扱ったほか、「火の鳥」などにも登場する。数々のバリエーションについて源流を確認するのももちろん楽しいが、その源流が、既にそのテーマについて「全てを語っている」ことに感心させられる。