「名探偵の掟」読了

| コメント(1) | トラックバック(0)

「名探偵の掟」読了。
この年になるまで“ちゃんとした推理小説”はあまり読んでこなかった気がする。印象に残っているのは子どもの頃に読んだシャーロックホームズや怪盗ルパン、少年探偵団もので、その後は「ロートレック荘事件」とか「6枚のとんかつ」などのきわもの(だよね?)まで読む割にはいわゆる本格的な推理小説は読んでいない(か、記憶にない)のである。
本作は、“ちゃんとした推理小説”のパロディらしい。これがパロディだということはわかるのだが、ではちゃんとした推理小説とはいったいなんだろう。
#挑発に乗った推理小説好きの方が面白いのを紹介してくれることをちょっと期待している。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://manabu.s176.coreserver.jp/mt5/mt-tb.cgi/2117

コメント(1)

挑発に乗る資格も素養もないわけですが(笑)、少なくとも、僕が好んで読む(読んだ)、京極夏彦、森博嗣、アジモフ(黒後家蜘蛛の会)なんかは、違うんでしょうねぇ。「わたしはロボット」は……やっぱり違うんですかねぇ。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 風待町(かざまちちょう)医院 異星人科 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

220010018