2008年6月アーカイブ

「魔法塾、はじめました! 〔マジカルランド〕」読了。
10年以上続いているこのシリーズ、数えてみたら16冊目。
共作になってから、メインキャラクターたちの動きが控えめになっているのは気になるが、本作では新キャラクターたちの活躍が小気味良く、シリーズ中でも白眉の出来だと感じた。自作もすでに予定されているようで、楽しみ。


「鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活」読了。
内容から注にいたるまで、それっぽさを大切に作られていて本当にうれしくなる。
和名については訳者が結構遊んでいるのだろうか。楽しい楽しい。


「空想科学読本5 (空想科学研究所の本)」読了。
また読んでしまった。だが後悔はしていない。戦隊ヒーローの勤務表ネタが気に入った。



「数学ガール」読了

| トラックバック(0)

「数学ガール」読了。
作者はプログラミング関係の本をたくさん書いている、その道では有名な方(私も、「Perlで作るCGI入門」でお世話になった)。恋愛小説と数学教科書の中間、という非常に読み手を選ぶ本だが、恋愛・数学とも初心者向けにとても読みやすい(!?)。
一部、文体がギコ猫とデザインパターンになっていて、笑えます。


「鼻 (角川ホラー文庫)」読了。
第14回日本ホラー小説大賞受賞作。
ホラーと言えば襲撃・血みどろ・阿鼻叫喚、という方には向かないかもしれない。「世にも奇妙な物語」テイストとでも言おうか。


「主君「押込」の構造―近世大名と家臣団」読了。
第10回サントリー学芸賞受賞作。
論理の持って行き方が多少強引に感じるのは、この手の本を読み慣れないせいかもしれない。押込という、部下の反逆とも取れる行為が、制度・慣行として洗練されていく過程を感じることができて興味深い。


Sunとリクルート共催の「マッシュアップアワード」に参加することになった。マッシュアップするほうではなく、素材提供側である。
実際のところ、私はAPIのためのプログラムを書いたわけでもなんでもなく、連絡係みたいなものだが、それはそれでうれしい。高校の文化祭前日のような気分、といえばいいだろうか。

我こそは、というかたはぜひマッシュアップに挑戦してみてほしい。


アーカイブ

Books

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫) 闇のパープル・アイ (1) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 希望荘 ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 自分の「うつ」を治した精神科医の方法 (KAWADE夢新書) 大事なことに集中する―――気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法 取締役の法律知識 (日経文庫) 三鬼 三島屋変調百物語四之続 現場ですぐ使える時系列データ分析 ~データサイエンティストのための基礎知識~ ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版] (知らないと困るWebの新ルール)

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

139444660