2006年4月アーカイブ

「小指の先の天使」読了。
ある「システム」が連作集全体を貫くテーマになっているが、それに思い当たったのは3作目を読み始めてからだった。
作者はどのくらいから意識していたのだろうか。