2006年4月アーカイブ

「小指の先の天使」読了。
ある「システム」が連作集全体を貫くテーマになっているが、それに思い当たったのは3作目を読み始めてからだった。
作者はどのくらいから意識していたのだろうか。


「地球の静止する日―SF映画原作傑作選」読了。SF好きにはたまらないテーマ、執筆陣、予想外に(!?)洗練された収録作。お買い得なアンソロジー。


「絵で楽しむ江戸のことわざ」読了。
ことわざを題材にした江戸時代の絵画(高尚なものから低俗なものまで)を紹介し、解説を加えている。ひとつひとつの絵から伝わってくる発想の奇抜さ自由さは素晴らしい。一方で、編者の解説は通り一遍な感じでつまらない。紹介する絵の数をもっと増やし、解説は最小限で良いのでは、と感じた。