この先生に授業を受けていたら(「イノベーションの本質」読了)

| トラックバック(0)

「イノベーションの本質」読了。
市場をにぎわしたヒット作の「イノベーションの本質」を人と組織の観点からとらえる、という趣向。各事例について“物語編”“解説編”の2パートに分かれているが、物語編だけを読みとばして“面白いけど、参考にはならんなー”と感じるのが、まあ普通の感覚なのではないか。13の成功事例を分析しても、いくつかのキーワードが提示されるのみで、それが、矛盾のない法則の体系にまとまっていく気配はやはりみえない。これは別にこの本の作者が悪いわけではなく、経営学とかマーケティングといった分野がまだまだ学問として洗練されきってはいない証拠なのだと思う。
ただ、“解説編”を読んでいて気になるのが、「ネタに困ると横文字に言い換えてお茶を濁す」傾向。これは紛れもなくこの本の著者が悪い。私がこの先生の授業を受けていたら「また始まった…」と呟いて30秒後には居眠りを開始していることだろう(そして留年する、と)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://manabu.s176.coreserver.jp/mt5/mt-tb.cgi/1571


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 風待町(かざまちちょう)医院 異星人科 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

220012339