「祈りの海」読了

| トラックバック(0)

「祈りの海」読了。先日読んだ同じ作者の「しあわせの理由」よりも良かった。
短編小説、特にSFの短編は、その物語の基本となるルール、基本思想、発想といったものを(ルールは明らかでない、というルールも含めて)いかにすばやく提示できるかに妙味があると思うのだが、この本に収められている作品はどれも、その点がすばらしい。高い評価を受けているのも頷ける。
解説を瀬名英明が書いているのは「ミトコンドリアつながり」らしいが、解説を読むのはグレッグ・イーガンの本をすべて読んでからでも遅くない。