「極短小説」読了

| トラックバック(0)

「極短小説」読了。
たった55語(日本語では200字)で書かれた短編小説を集めた本。
ぎりぎりまで切り詰めた字数で記述されているため、漫然と読んでいると落ちをつかみそこなう。いきおい、(オハナシの短さの割に)じっくりと読み込むことになる。

そういう意味ではとてもお買い得な本と言える。