Reading: 2018年12月アーカイブ

「あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続」読了。
そしてこれが2018年の読み納め。なんと半年の積読案件。読み始めてみるとなんでこれを読まずに放っておけたのか、不思議でならない。これでシリーズはいったん終わり?大きな一区切り?となる。連作短編の形をとりながら大きな物語の流れは厳然としてあってしかも不可逆的。これができるのが宮部みゆきのすごいところなんだと思う。え、そんなの小説家なら普通?そんなことはないと思うなあ。

「トランスヒューマンガンマ線バースト童話集」読了。
優秀賞受賞作。140字に圧縮してハッシュタグ「#SF力の高い童話」をつけてつぶやいたら大いにバズりそう。


Kindle版はこちら。

「動物のお医者さん (第3巻) (白泉社文庫)」読了。
そして犬がかわいい。

「動物のお医者さん (第2巻) (白泉社文庫)」読了。
この「暇を持て余す事の多い場所に面白い続き物の最初の方だけ置いておく」手法、なかなか効くと思う。「君に届け」は全30巻追いかけ、「銀の匙 silver spoon」は続刊を心待ちにしている私がいうんだから間違いない。

「動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)」読了。
娘の病院で、病棟備え付けの本棚にあったもの。

「進撃の巨人(27) (講談社コミックス)」読了。
いかん、登場人物の見分けがつかなくなってきた。


Kindle版はこちら。

「竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF)」読了。
押しも押されもせぬ年末です。
今年は本を読まない年でした。電子書籍で技術系の本(ただスキャンしただけで文字がテキストデータとして認識されていないやつ)が何冊かあったこととか老眼の進行とか、要因はいろいろです。しかし、それはまた私自身の「積ん読力」が上がっていることの表れでもあります。この本を積んでおけるって我ながらなかなかすごいです。なんでできたんだろう。


Kindle版はこちら。

「東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第4巻」読了。
どこでとは言わないが「ここでその手を使いますかっ!?」と言いたくなった。


Kindle版はこちら。

「東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第7巻」読了。
早く解くとどこだかに名前が載る、と息子にそそのかされて^_^何冊かすっ飛ばして7巻に挑戦。小問をサクサク解いていると時々ムムっとうならされて、最後、そして最後の最後、と難易度が上がっていく感じが楽しい。


Kindle版はこちら。

「動乱星系 (創元SF文庫)」読了。
もう何冠とったかもわからない、アン・レッキーの「叛逆航路」と世界観を共有する第4作。独特の人称代名詞体系(既刊3冊とはまた別)は健在。


Kindle版はこちら。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 風待町(かざまちちょう)医院 異星人科 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

221201106