「アルテミス(下) (ハヤカワ文庫SF)」読了

| トラックバック(0)

「アルテミス(下) (ハヤカワ文庫SF)」読了。
予想通り「超」面白かった。
前作「火星の人」と共通するのは、主人公の不屈の意志、知恵とスキル、そして同じくそれぞれに知恵とスキルを備えた周囲の人々が一丸となって困難に立ち向かう格好良さ、だと思う。主人公の聖人君子じゃなさっぷりがまた良い。
そしてそして、溶接とか冶金が技術的なキーとなって物語が展開していくのが面白い。SFで「冶金」という言葉が出てくるのは、「宇宙船ビーグル号」まで遡るのではなかろうか。


Kindle版はこちら。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://manabu.s176.coreserver.jp/mt5/mt-tb.cgi/3935


アーカイブ

Books